Native Camp Free Conversation (日記で発音練習)

A先生との発音レッスン 復習

使用した日記

<5>
I needed to register my information on the Canadian government’s app. My flight info, contact info, vaccination info, etc. Moreover, even though I was qualified for exemption, I had to submit my quarantine plan just in case. There were a lot of questions. I somehow made it and printed my registration number on the last page.

Lastly, I took the PCR test two days before leaving and got the negative result certificate soon. After struggling with massive packing, I got ready for setting off.

【 ポイント 】
今日のポイントは “r", “th", [ǽ]
・"R":舌を巻くというより、喉から出そうとすれば自然に舌が巻かれる感じ
 ex) “register", “result", “ready"
・"th":舌を噛みながら「ドゥ」と言う感じにすると喉から出やすい
 ex) “though"
・[ǽ]:口を横にしっかり引いて大袈裟に発音すると綺麗に聴こえる
 ex) “strugglling", “massive", “qurantine"など

・語尾や中央の “t" はアメリカ英語の場合は落としてしまう。
 ex) “just in case":「ジャスィーケー」のような感じ
 ex) “made it":「メリー」のような感じ
 ex) “Lately":「レィリー」のような感じ
・"d" も同様 ex) “submit"

【 ポイント 】
イギリス英語の発音は、"t" の音を巻かずにはっきり発音するようなイメージ。語尾も伸ばさない
 ex) “water"

レッスンの感想

今日もまずsmall talkで話す練習をさせてもらい、それから日記を読み上げて発音やイントネーションを直してもらう、という流れだった。
自由に会話しながら発音やイントネーションまで気を付ける、というのはやはり難しい。先生ですらネイティブの人と話すときは大変だとのこと。
口から勝手に言葉がスラスラと出てくるようになれば、意識を別の方面へ向けることができる。
やっぱりしゃべり慣れだなー。

Native Camp発音,英語日記

Posted by Ally