英語で鑑賞:SING/シング

英語字幕での主な語彙・表現 ネタバレ注意

オープニング
・They say their paychecks bounced.
  paychecks bounced:小切手が不渡りになる(bounceが跳ね返るなので)

・they’re paid tout de suite.
  tout de suite.:(フランス語)ただちに

・By the way, the bathroom sink is blocked again.
  sink is blocked:流しが詰まっている

・Sorry, I… I get carried away.
  get carried away:夢中になる

・That’s my inhaler.
  inhaler:吸入器 [inhéilər]

コンテストのオーディション
Take it away, Meena.
  take it away:さぁ始めてください

・"Loud and horrible, but shows promise."
  show promise:将来有望である

・Now, would you pull yourself together, and please blow that nose of yours.
  pull oneself together:立ち直る  blow one’s nose:鼻をかむ

・if you want to become stars and win 100 grand,
  grand:1000ドル

・you know what’s great about hitting rock bottom, Eddie?
  hit rock bottom:どん底に落ち込む

リハーサルの準備
・Show 'em you ain’t gonna be pushed around!
  push around:手荒に扱う、こき使う

・’Cause she just wants to sell out
  sell out:寝返る、身売りする

・He’ll vouch for me. Come on!
  vouch:保証する

for crying out loud
  for crying out loud:頼むから

・Ah, talked some sense into that boyfriend of yours.
  talk sense into ~:~に言い聞かせて道理を分からせる

・Yes, sir! Up the stairs. I’ll be right along.
  right along:休みなく、絶えず

Break it up, break it up, break it up. -Oh, yeah?
  break it up:喧嘩をやめろ

Cheesy pop’s not exactly my style.
  cheesy:ありふれた、安っぽい

・Style. I’m glad you brought that up.
  bring up:持ち出す、指摘する

・Use this time to shake off those first-day inhibitions, and I’ll be right back.
  inhibition:抑制

・Great. 'Cause I could really use a stagehand.
  stagehand:舞台係

・And that’s me restraining myself.
  restrain:束縛する

・There’s not an ounce of talent between 'em.
  ounce of ~:ひとかけらの~

リハーサル前の晩
・Now, settle your accounts, or we will repossess this property.
  settle account:清算する  repossess:回収する

・Yeah, uh, just doing my laps, Ma!
  do lap:一周する

・Yeah, my folks want me to be more,
  folks:両親

・She’s loaded.
  loaded:裕福な

・The darn thing keeps popping out.
  darn:呪う(ソフトなdamn)

・We’re through.
  through:〔関係などが〕終わりの

・They said I’m an intolerable egomaniac.
  intolerable:我慢できない [intɑ́lərəbəl]

コアラがNanaのところへ資金繰りの相談に行く
・and his ghastly little theater friend.
  ghastly:ものすごく

・How would you like to be the sponsor for a very prestigious prize?
  prestigious:名誉ある

・Well, we don’t quite have it all locked in
  be locked in ~:~から抜け出せない状態になっている

・Please, this flattery is futile.
  flattery:お世辞  futile:無駄な [fjúːtl]

・I can recall the ushers in their velvet suits.
  usher:案内係 [ʌ́ʃər]

リハーサルの日
・All creatures great and small,
  great and small:すべての動物たち

Behold!
  behold:見よ!

・Hey, hey, hey, you can’t just barge in here.
  barge:ぶしつけに割り込む

・let’s get this thing squared up now.
  get squared:片づける  

全て失ったコアラが再起をかける
・Buster Moon certainly brought down the house once and for all today.
  once and for all:今回限りで

・A deluded, washed-up charlatan
  deluded:欺かれた

・Ah, come… Th-That’s just a bunch of stupid, corny
  corny:つまらない

・Right, 'cause deep down we know…
  deep down:心の中では

・as he and this bunch of bumbling amateurs
  bumble:しくじる

本番
・ Relax, sweetheart. Just came back to show you bozos how it’s really done.
  bozo:馬鹿者

感想など  ネタバレ注意

まずは英語音声だけで観るにあたり、歌が主流の映画なので、一つ一つのセリフの細かい部分は全く気にしないことにし、楽しみながら全体的に、包括的に(?)把握すればヨシ!とした。
一回英語音声、それから一回英語字幕+分かりづらいところだけ所々日本語字幕でチェック、という、今回は全部で2回観て終了となった。
英語音声ではリハーサル前の準備のシーンと、Nana絡みの部分が全然理解出来なかったけれど、他は細かい語彙以外はほぼ全て分かったので、話全体の理解には問題なかった。
それから、コアラがバケツと洗車業を始めた意味とか、ゴリラがなぜピアノを一生懸命練習していたかも、英語字幕でやっと理解した。
そろそろもう日本語字幕で再度全部を観直すパートは要らなくなってきたので、だいぶ時間が節約出来るようになってきた。
今頑張っているドラマの “The Good Place" と比べると、やっぱり映画は遥かに長いから大変だし。


そもそもこの映画は人気の洋楽を聞かせるのが目的みたいな映画で、ストーリーはあんまり関係ないよね・・・。
日本人にそんなに受けるのかなぁ・・・洋楽が好きでないとあんまりピンとこないような。
個人的にはスカーレット・ヨハンソンのハスキーボイスとタロン・エガートンの素晴らしい声&歌が好き。さすがは「ロケットマン」。
一番気に入ったのは、ブタのお母さんが閉店間際のスーパーでBGMに合わせて踊って、セキュリティからアナウンスで称賛されるシーンだった。